木質バイオマスエネルギー システム設計・開発・普及事業

弊社「さとけい」の考える木質バイオマスエネルギーシステム

日本は国土の6割以上を森林が占める世界有数の森林国家です。森林は建築材として利用されることが多いですが、燃焼することで熱エネルギーとして利用することもできます。その意味で、日本の森林は木質エネルギーの宝庫なのです。
木質エネルギーは燃やしても空気中の炭酸ガスの総量を増加させない(カーボンニュートラル)環境にやさしいエネルギーです。また、木を育てることで半永久的に利用できる再生可能なエネルギーでもあります。
日本はかつて木質エネルギーを日常的に利用していました。いわゆる里山の雑木林は、もっぱら木質エネルギーの供給のために人によって整備された二次林だったのです。里山では、木質エネルギーの地産地消が行われてきました。

しかし、戦後1960年代に石油や天然ガスへとエネルギーが転換されてゆくに伴い、里山の雑木林の利用もなくなり、里山自体も荒廃してゆきました。
そうした折に、2011年に東日本大震災による原子力発電所の事故が発生してしまいました。この事故により、市民の再生可能エネルギーに対する関心が急速に高まり、国も世論を受け再生可能エネルギー促進法を制定しました。日本のエネルギー事情は、新たな革命期に入ったといえます。
今、木質エネルギーが、再生可能エネルギーとして再び注目を集め始めています。木質エネルギーの多くは里山にあります。その意味で、里山は、新たなエネルギー革命のメインステージになろうとしているのです。
木質エネルギーの利用には、木材搬出の困難さ、ペレットの製造コストなど、様々な課題があることも事実です。
木質エネルギーをより簡便に利用するするため、弊社では、スターリングエンジンと燃焼装置を組み合わせた、システム設計から開発・導入サポートまでを行っています。

高効率薪ボイラー例「ガシファイアー」

「ガシファイアー」は、木質バイオマスを2次燃焼させることで、高効率に熱エネルギーを発生させる木質バイオマスボイラーです。
これまで有償処理されていた未利用木質バイオマスが、「ガシファイアー」によってエネルギーに生まれ変わります。
温泉施設・ビニールハウス・農場・牧場・学校・一般住宅など熱源用途は無限です。
里山の木質エネルギーを手軽に熱エネルギーに変換できる国産の木質エネルギーボイラーとして、足湯や温泉などの温浴施設、床暖房等に実績をあげています。弊社では、里山にある木質バイオマスによるエネルギー地産地消をお考えのみなさんに、簡易に熱エネルギーを利用できる装置として「ガシファイアー」の導入をお勧めいたします。
「ガシファイアー」についての詳細:株式会社アーク WEBサイト

スターリングエンジン例
10kWスターリングエンジン(サクション瓦斯)201403
弊社は、スターリングエンジンは、エネルギー利用の新しい世界を拓くものだと考えています。

10kWスターリングエンジン(サクション瓦斯機関製作所)→

夢の外燃式エンジンと言われ、期待を受けて200年。なかなか完成の域に達しなかったスターリングエンジンですが、この百瀬エンジンは実用レベル段階への大きな可能性を秘めています。本体重量15kg、作動温度は500℃以下という小型・軽量で使いやすいエンジンです。またバイオマス燃料だけでなく、工場廃熱や太陽熱など、さまざまな熱源が使えます。温浴施設や工場から、農業利用、家庭コージェネレーションシステムにまで、活用が期待されています。

弊社では、各地域にあったバイオマスエネルギーシステム、地域内社会システムまでのご提案をさせていただいております。
地域のバイオマス利活用に関するご相談・ご質問など、下記フォームより、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Copyright(c) 2013 株式会社里山経済研究所 All Rights Reserved.